妊婦さんのワンピースがおしゃれ!マタニティウェアが安い専門通販店!

妊婦用のマタニティパジャマは必ず必要なのか?

 

名前:Hさん / 年齢:36歳

 

育児雑誌などには、とてもたくさんの入院に必要なリストが載っています。

 

本当に必要なものなのかどうか、迷いますよね。

 

私は、無駄なものは買わないという考えなので、代用できそうなアイテムなどはかいませんでした。

 

妊婦用のパジャマも、通常よりも少し大きめを買い、赤ちゃんに授乳するときは、裾をめくり上げてしましたよ。


 

名前:Nさん / 年齢:34歳

 

私は妊娠4ヶ月のころから、マタニティパジャマを使いましたよ。

 

パジャマのウエストの部分は、長さをゴムで調節することができるので、普段のときもパジャマとして使用できました!

 

赤ちゃんが生まれる予定が春の終わりだったので、3シーズン用(秋冬春)の妊婦用パジャマを3着購入しました。

 

しかし予定日がくるってしまい夏になっていたので、慌てて買いに行きました。

 

 

マタニティパジャマには授乳口があるので、寒い冬には肩など出すことなく授乳ができるので便利です。

 

涼しくなるころにまた1着、マタニティパジャマを買おうかなと思っています。

 

長く使って、元をとらにとね。

 

 

入院中だけマタニティパジャマを使うのであれば、必要ないかもしれないですね。

 

 

普通のもので代用するときは、前開きのパジャマなのはもちろんですが、ボタンがスナップのもののほうが楽ですよ。


 

名前:Mさん / 年齢:28歳

 

妊娠9ヶ月に入るくらいに、私は最初のマタニティパジャマを購入しました。

 

お腹も急に大きくなり暖かい季節になってきたので、3wayの半袖と長袖のマタニティパジャマを選びました。

 

 

今までのパジャマがお腹が大きくなっても入るのならそれでいいですが、予想以上に私のお腹は大きかったので通常のパジャマを着ることができませんでした。

 

ですから妊娠中は、マタニティーパジャマしか使っていません。

 

 

マタニティパジャマと今までのものとで出産まで乗りろうと思っていたのに、2枚目も結局、購入しました。

 

新しくパジャマの購入を考えている人は、通常の大きめのパジャマ買おうとおもっているなら、マタニティパジャマの方がおすすめです。

 

今はたくさんの種類の妊婦用のパジャマがあり、産後でもずっと着れるようなデザインとなっています。

 

 

マタニティパジャマの丈は少し長いので、ズボンを履かなくても着れますよ^^


 

名前:Aさん / 年齢:31歳

 

病院に専用のパジャマが無いところは、丈の長いパジャマを購入したほうがいいです!

 

陣痛がくると看護婦さんが、子宮口の開き具合をたびたびみにきます。パジャマのズボンは脱いだままになるので、長めの丈がいいのです。

 

 

また分娩台に上がるときにも、ある程度の長さのあるパジャマが必要です。丈が短いと移動するときなどに、下着が丸見えになるので恥ずかしいです。

 

赤ちゃんが生まれた後も、看護婦さんが回診にしょっちゅう来るので、パジャマの丈は長いと便利なんですよ。

 

 

わたしの場合は、授乳口付きのパジャマは、使い勝手が悪かったので使いませんでした。

 

授乳しずらかったのでボタンを上から3つぐらい開けていましたよ。

 

 

他のまま達も、授乳室ではそんな感じでしたね。


 

やじるしの画像

マタニティ通販の一覧案内ボタン

RSSの画像